塾の先生が英語で子育て

「英語育児×英語学習×勉強法」について発信中

【小学生向け無料英語・算数教材公開中!】

「ラーヤと龍の王国」はいつから追加料金なしで観られる?~英語学習への活用法もご紹介~

disney

「ラーヤと龍の王国」はいつから追加料金なしで観られる?~英語学習への活用法もご紹介~

 

ディズニー新作映画「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)は2021年3月5日(金)に映画館とディズニープラス プレミア アクセスで同時公開されました。

 

この記事では「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)の基本情報と、ディズニープラス プレミア アクセスとは、いつから追加料金なし(ディズニープラス会員であれば無料)で視聴できるのか、英語学習への活用方法をご紹介します。

 

 

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)とは

公式サイトではこのように紹介されています。

<邪悪な魔物>によって“信じあう心”を失った<龍の王国>をめぐる、壮大なスペクタクル・ファンタジー。
魔物のせいで父を失い、たった一人で生きてきた王国の“最後の希望”ラーヤは、伝説の“最後の龍”シスーの力によって、バラバラになった世界を再び一つにしようとする。だが、ようやく見つけ出したシスーは他人を信じすぎてしまう性格で、しかも肝心の魔法の力を失っていた。
ラーヤはシスーと共に、魔法を取り戻す力を持つ5つの<龍の石>を探す旅に出る──。

引用元ー

『ラーヤと龍の王国』公式サイト|配信・プレミア アクセス|ディズニープラス公式

 

本作の舞台はクマンドラと呼ばれる架空の幻想世界ですが、そのモデルは東南アジアをイメージされています。

製作陣は実際に東南アジア諸国を旅行し、調査を行っています。

 

主人公のラーヤは聖なる龍の力が宿るという龍の石の守護者になるための訓練を受戦士で、王子様を待つ従来のプリンセスではなく、自ら困難に立ち向かっていくプリンセスです。

王子様のようなキャラクターも登場しません。

またラーヤはディズニーが制作したアニメのプリンセスで初めて劇中でミュージカルシーンがないプリンセスです。

これまでピクサーが制作した「メリダと恐ろしの森」のメリダ、実写版「ムーラン」もミュージカルシーンがありませんでしたが、ディズニーアニメとしてはラーヤが初です。

ディズニーが2021年にどのように主人公を描くのかも注目のポイントです。

 

予告動画も公開されています。

日本語版と英語版が公開されています。

 

日本語版予告はこちらです。

www.youtube.com

 

英語版の予告はこちらです。

youtu.be

 

ディズニープラス プレミア アクセス

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)は2021年3月5日(金)に映画館とディズニープラス プレミア アクセスで同時公開されました。

 

ディズニープラス プレミア アクセスとは、ディズニープラス会員の方が2,980円(税込3,278円)でプレミア アクセス料金を追加でお支払いいただくことで『ラーヤと龍の王国』を観ることができます。

映画館で観るより高いように思いますが、一度ご購入すればディズニープラス会員期間中でれば何度でもご視聴できる点がポイントです。

 

「Disney+ (ディズニープラス) 」は、ディズニーだけでなくピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックの映画、動画も見ることができます。

初回31日間無料、有料でも月々は770円(税込)で視聴可能です。

他の動画配信サービスと比べ価格も魅力的です。

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト。
月額770円(税込)でディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックなどが見放題。
初回31日間無料 。

 

いつから追加料金なし?(予想)

プレミア アクセス終了後は、おそらく「Disney+ (ディズニープラス) 」で追加料金なし(ディズニープラス会員であれば無料)で視聴できるようになると思われます。

「Disney+ (ディズニープラス) 」でこれまでプレミア アクセスが行われたのは実写版「ムーラン」のみです。

実写版「ムーラン」は映画館では公開されず、ディズニープラス プレミア アクセスのみでした。

ディズニープラス プレミア アクセスが開始されたのは2020年9月4日(金)でした。

追加料金は今回と同じ2,980円(税込3,278円)でした。

その後2020年12月4日(金)に「Disney+ (ディズニープラス) 」で追加料金なし(ディズニープラス会員であれば無料)で視聴できるようになりました。

公開から約3か月後です。

 

そのため「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)が追加料金なし(ディズニープラス会員であれば無料)でディズニープラスで視聴できるようになるのは、2021年6月4日(金)ではないかと予想されます。

 

英語学習への活用方法

ディズニー映画は英語学習に最適です。

世界中の人に分かりやすいように作られています。

大人にも子どもにも、非ネイティブにとっても分かりやすい英語が使われています。

 

ラーヤを含めたキャラクターたちは、はっきりとした英語の発音です。

またストーリー展開が早く、内容もシンプルで、込み入った話もすくないです。

これまでのディズニー映画の傾向も踏まえ「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)の英語レベルはレベル3(★★★☆☆)と考えます。

レベル3(★★★☆☆)は中学校で学習する単語の割合が80%前後であることを目安としています。

目安としては英検準1級レベルです。

英語レベルの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

www.jukupapa.com

 

英語学習への活用でおすすめの方法は3つあります。

 

英語多観

1つ目は英語多観です。

英語多観とは文字通り英語の動画をたくさん観ることです。

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)を英語で繰り返し観ることで英語力も向上していきます。

 

英語多観の方法、コツについてはこちらの記事でご紹介しています。

www.jukupapa.com

 

英語多読

2つ目は英語多読です。

英語多読とは文字通り英語の本をたくさん読むことです。

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)は多数の本が出版予定です。

子ども向けから大人向けまで様々な英語レベルの本が出版されるので、段階的に英語を難しくしていくことができます。

 

そのため内容は知っているから読みやすいのはもちろん、同じ場面を優しい表現から難しい表現までさまざまな表現で学ぶことができます。

大人も子どもも無理せず英語のレベルを上げることができます。

 

出版されている本を英語が簡単な順番にご紹介します。

 

 「Step into Reading」シリーズ

Raya's Team (Disney Raya and the Last Dragon) (Step into Reading)

Raya's Team (Disney Raya and the Last Dragon) (Step into Reading)

  • 作者:RH Disney
  • 発売日: 2021/02/02
  • メディア: 図書館
 
The Fight for Kumandra (Disney Raya and the Last Dragon) (Step into Reading)

The Fight for Kumandra (Disney Raya and the Last Dragon) (Step into Reading)

  • 作者:RH Disney
  • 発売日: 2021/03/16
  • メディア: ペーパーバック
 

こちらの2つの絵本は、英語初心者でも読みやすい本です。

左上の数字が英語レベルを表しています。

レベル1は最も少ない文字数だと1ページ1文字の場合もあり、多くても10文字程度と読みやすいです。

レベル3は文字数は30文字前後のページが多く、大人が読んでも、読みごたえのある内容のものが多くなります。

 

「Step into Reading」シリーズについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

www.jukupapa.com

 

 「Little Golden Book」シリーズ

Raya and the Last Dragon Little Golden Book (Disney Raya and the Last Dragon)

Raya and the Last Dragon Little Golden Book (Disney Raya and the Last Dragon)

  • 作者:Golden Books
  • 発売日: 2021/03/16
  • メディア: ハードカバー
 

 「Little Golden Book」シリーズはネイティブの2~5歳を対象とした絵本で、1ページ当たりの文字数も少ないページで約40文字

多いページでは100文字以上になります。

文字数の割には価格も安いのでおすすめのシリーズです。

 

 「Little Golden Book」シリーズと似たシリーズに「Treasure Cove Story」もあります。

こちらでの発売はまだ未定ですが、多読におすすめのシリーズです。

www.jukupapa.com

 

 Novelシリーズ

Disney Raya and the Last Dragon: The Graphic Novel (Disney Raya and the Last Dragon)

Disney Raya and the Last Dragon: The Graphic Novel (Disney Raya and the Last Dragon)

  • 作者:RH Disney
  • 発売日: 2021/05/04
  • メディア: ハードカバー
 

こちらはネイティブの6~8歳を対象とした小説です。

72ページとボリュームもあります。

 

こちらはネイティブの8~12歳を対象とした小説です。

144ページとさらにページ数が増えます。

 

このレベルがしっかり読めるようになれば、他の洋書も読みやすくなるはずです。

このようにひとつのストーリーで多数の英語レベルの本が出版されるのがディズニー映画の特徴です。

そのため英語レベルが簡単なものから、徐々に難しいものへ段階的に読んでいくことがでます。

 

英語多聴

3つ目は英語多読です。

英語多聴とは文字通り英語をたくさん聴くことです。

 

ディズニーアニメは劇中で楽曲が多く使用されるため、英語多聴におすすめです。

詳しくはこちらの記事で説明しています。

www.jukupapa.com

 

 「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)もサウンドトラックが発売されています。

ただしミュージカルシーンがないため、歌は主題歌のみです。

ラーヤと龍の王国 (オリジナル・サウンドトラック)

ラーヤと龍の王国 (オリジナル・サウンドトラック)

  • 発売日: 2021/02/26
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

また映画本編をリスニング教材のように聞き流すこともおすすめです。

「Disney+ (ディズニープラス) 」のアプリなら動画をダウンロードして見ることができるので、自宅のWi-Fiで事前にダウンロードしておけば、外出先や移動中でも通信費も気にせず使えます。

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト。
月額770円(税込)でディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックなどが見放題。
初回31日間無料 。

 

動画を聞き流し教材として活用する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

www.jukupapa.com

 

ディズニープラスでの音声、字幕設定は?

「Disney+ (ディズニープラス) 」では「アナと雪の女王」「スター・ウォーズ」などのアニメ、実写の映画作品のついては、英語・日本語音声、英語・日本語字幕設定が可能です。

movie

 

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)も英語・日本語音声、英語・日本語字幕設定が可能です。

 

ディズニープラスの音声、字幕設定についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

www.jukupapa.com

 

最後に

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)はこれまでのディズニープリンセスとは違った魅力のあるヒロインです。

「ラーヤと龍の王国」を観て、この作品が好きになったらぜひ英語学習にも活用してみましょう。

好きなものだと自然と繰り返し観たり、本を読んだり、曲を聞いたりすることができます

 

そしてディズニー作品は英語学習に活用しやすいです。

ディズニーにハマり、ディズニーを英語で観れば、英語力は飛躍的に伸びる可能性があります。

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト。
月額770円(税込)でディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックなどが見放題。
初回31日間無料 。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

www.jukupapa.com

www.jukupapa.com

www.jukupapa.com