塾の先生が英語で子育て!

塾を9教室経営しながら娘(2015年生)のため2018年から英語育児に奮闘中! 娘と一緒に英語の学び直し中!成績が上がる勉強方法もご紹介~毎日19:00に新しい記事を配信 & 毎日正午12:00に「#ディズニーで英語学習」をツイート~

ビートルズの「Let It Be」で英語多聴に挑戦!無料英語多聴講座10~効果抜群の英語学習~

TheBeatles

洋楽を使って楽しく英語学習ができれば最高ですね。

 

ブログとTwitterで交流させていただいております、こてっちゃん (id:tetsu3423)とマナビヤさん(@fab5_japan)からリクエストを頂きました。

 

 

 

この記事ではビートルズ(The Beatles)の「 Let It Be」を題材に、英語多聴の仕方をご紹介したいと思います。

この記事を読んで頂いてから曲を聞いていただければ、聞き取れる、理解できる英語表現が多くなるかもしれません。

 

 

練習の流れ

英語多聴の練習の流れをご説明します。

①英語の曲を聴く

②歌詞を読む

③英語の曲を聴く

 

記事はこの流れに沿って構成されていますので、記事を読んで頂ければ自然とこの流れで練習できるようになっています。

 

②の歌詞は曲を聴きながら、読んで頂いてもかまいません。

 

「Let It Be」

まずはこちらの動画を見てから、この後の歌詞を読んでみてください。

4分3秒の動画です。

www.youtube.com

 

歌詞

When I find myself in times of trouble
僕が自分は困難の時にいると気づくとき


Mother Mary comes to me
マリア様が僕のもとに現れ


Speaking words of wisdom
叡智の言葉を伝えてくれる


Let it be
あるがままに


And in my hour of darkness
そして僕が暗闇の時にいるときも


She is standing right in front of me
マリア様は僕のすぐそばにいてくれる


Speaking words of wisdom
叡智の言葉を伝えてくれる


Let it be
あるがままに

 

Let it be, let it be, let it be, let it be
あるがままに、あるがままに、あるがままに


Whisper words of wisdom
叡智の言葉を囁く


Let it be
あるがままに

 

And when the brokenhearted people
そして悲嘆にくれた


Living in the world agree
この世界に住む人々が同じように考えるとき


There will be an answer
答えはあるはず


Let it be
あるがままに


For though they may be parted
彼らは離れ離れになるかもしれないけれど


There is still a chance that they will see
また会える機会はまだある


There will be an answer
答えはあるはず


Let it be
あるがままに

 

Let it be, let it be, let it be, let it be
あるがままに、あるがままに、あるがままに


Yeah there will be an answer
そう、答えはあるはず


Let it be
あるがままに


Let it be, let it be, let it be, let it be
あるがままに、あるがままに、あるがままに


Whisper words of wisdom
叡智の言葉を囁く


Let it be
あるがままに

 

Let it be, let it be, let it be, let it be
あるがままに、あるがままに、あるがままに


Whisper words of wisdom
叡智の言葉を囁く


Let it be
あるがままに

 

And when the night is cloudy
そして夜が曇っているときも


There is still a light that shines on me
僕を照らす光はまだある


Shine until tomorrow
明日が来るまで照らしてくれる


Let it be
あるがままに


I wake up to the sound of music
僕は音楽の音で目覚める


Mother Mary comes to me
マリア様が僕のもとに現れ


Speaking words of wisdom
叡智の言葉を伝えてくれる


Let it be
あるがままに

 

Let it be, let it be, let it be, let it be
あるがままに、あるがままに、あるがままに


There will be an answer
答えはあるはず


Let it be
あるがままに


Let it be, let it be, let it be, let it be
あるがままに、あるがままに、あるがままに


Whisper words of wisdom
叡智の言葉を囁く


Let it be
あるがままに

 

歌詞を読んでからもう一度聞く

歌詞を読んで頂いて、曲のイメージと歌詞の内容をつかめたところで、もう一度歌を見て頂ければ、聞き取れる英単語も多くなっていると思います。

 

www.youtube.com

 

もう一度聞いて頂いていかがでしょうか。

聞き取れる、理解できる英語表現が多くなっていることを実感できたのではないでしょうか。

「Let It Be」は新約聖書にも登場する言葉でそのため「Mother Mary」をマリア様と訳しました。

ただ作詞作曲を担当したポール・マッカートニーのお母さんの名前は「Mary」で、お母さんのことも思って作詞をされたのかもしれません。

 

また「Speaking words of wisdom」と「Whisper words of wisdom」の2つの表現が出てきますが、ひとつ目の言葉の主語はマリア様(お母さん)ですが、2つ目の言葉は動詞が原形のため主語はマリア様(お母さん)ではなく自分ではないかと思いました。

そのためマリア様(お母さん)が伝えてくれた「Let It Be」と自問自答するように「Let It Be」を囁いている2つの「Let It Be」があるように感じました。

 

素晴らしい曲をリクエストして頂いた、こてっちゃんさん、マナビヤさんに感謝します。

 

Amazon Musicで聞ける

こちらの楽曲は、Amazonプライム会員であればAmazon Musicを使えば無料で聞くことができます。

Let It Be

Let It Be

  • 発売日: 2015/12/24
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

Prime Musicを英語学習に活用する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

www.jukupapa.com

 

他の曲で多聴

他の曲を題材にした記事もあります。 

www.jukupapa.com

 

最後に

英語は楽しみながら学習することができます。

 

今回紹介した楽曲、セリフのほとんどは中学校で習う単語ばかりでした。

思ったよりも難しくないと思われたのではないでしょうか。

 

好きな曲であれば繰り返し聞くことも、楽しみながらできると思います。

好きな曲を繰り返し聞いて聞き取ることができるようになれば、次の曲を聞き取れるようになるのはもっと早くなります。

その繰り返しで英語を聞き取る力は、どんどん伸びていきます。

 

英語力を伸ばすためにもっとも効果的な方法のひとつは、継続することです。

楽しく取り組むことができれば継続しやすくなり、英語力を飛躍的に伸びる可能性が高くなります。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

www.jukupapa.com

www.jukupapa.com

www.jukupapa.com