塾の先生が英語で子育て

「英語育児×英語学習×勉強法」について発信中

「ラーヤと龍の王国」の3つの見どころをご紹介(ネタバレなし)~英語で観るためのポイントもご紹介~

disney

「ラーヤと龍の王国」の3つの見どころをご紹介(ネタバレなし)~英語で観るためのポイントもご紹介~

 

ディズニー新作映画「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)は2021年3月5日(金)に映画館とディズニープラス プレミア アクセスで同時公開されました。

 

この記事では「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)の3つの見どころをネタバレなしでご紹介します。

また英語で観るために事前に知っておきたい英単語も、合わせてご紹介します。

 

 

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)とは

公式サイトではこのように紹介されています。

<邪悪な魔物>によって“信じあう心”を失った<龍の王国>をめぐる、壮大なスペクタクル・ファンタジー。
魔物のせいで父を失い、たった一人で生きてきた王国の“最後の希望”ラーヤは、伝説の“最後の龍”シスーの力によって、バラバラになった世界を再び一つにしようとする。だが、ようやく見つけ出したシスーは他人を信じすぎてしまう性格で、しかも肝心の魔法の力を失っていた。
ラーヤはシスーと共に、魔法を取り戻す力を持つ5つの<龍の石>を探す旅に出る──。

引用元ー

『ラーヤと龍の王国』公式サイト|配信・プレミア アクセス|ディズニープラス公式

 

予告動画も公開されています。

日本語版と英語版が公開されています。

 

日本語版予告はこちらです。

www.youtube.com

 

英語版の予告はこちらです。

youtu.be

 

注目ポイント①~ディズニーがプリンセスをどのように描くのか~

ディズニープリンセスは、その時代の価値観を反映していると言われています。

今回の主人公ラーヤは、聖なる龍の力が宿るという龍の石の守護者になるための訓練を受けた戦士で、王子様を待つ従来のプリンセスではなく自ら困難に立ち向かっていくプリンセスです。

劇中には王子様のようなキャラクターも登場しません。

戦闘シーンも多く、これまでとは違った魅力のあるプリンセスです。

ディズニーが2021年にどのように主人公を描くのか、ぜひ注目して頂きたいポイントです。

 

注目ポイント②~ディズニー初!東南アジアの世界~

本作の舞台はクマンドラと呼ばれる架空の幻想世界ですが、そのモデルは東南アジアをイメージされています。

製作陣は実際に東南アジア諸国を旅行し、調査を行っています。

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)ではもとは一つだった国が、あることがきっかけで5つの国に分かれます。

5つ国はひとつひとつが個性豊かで、それぞれに文化や伝統があるのが感じられます。

ディズニーがどのように5つの国を表現しているのかを観るのも、この映画の楽しみのひとつです。

 

注目ポイント③~ミュージカルシーンがない~

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)では祈りのシーンでラーヤが歌う場面がありますが、ミュージカルシーンがありません。

ラーヤはディズニーが制作したアニメのプリンセスで初めて劇中でミュージカルシーンがないプリンセスです。

これまでピクサーが制作した「メリダと恐ろしの森」のメリダ、実写版「ムーラン」もミュージカルシーンがありませんでしたが、ディズニーアニメとしてはラーヤが初です。

ミュージカルシーンがないことは、映画全体の雰囲気にも影響します。

これまでのディズニー映画とは違った印象を受けるのではないでしょうか。

 

 「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)もサウンドトラックが発売されていますが、今回はミュージカルシーンがないため、歌は主題歌のみです。

ラーヤと龍の王国 (オリジナル・サウンドトラック)

ラーヤと龍の王国 (オリジナル・サウンドトラック)

  • 発売日: 2021/02/26
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

事前に知っておきたい英単語

この映画のキーワードは「信頼」です。

そのため「信頼」に関係する英単語が多数使用されます。

事前に「信頼」に関する英単語を知っておくことで、より物語を楽しめるようになります。

実際に劇中で使用された英単語をご紹介します。

例文を載せていますが、ネタバレしないように映画とは関係のない一般的な例文を掲載しています。

 

trust=信頼、信頼する

例)Trust me. (私を信じて)

動詞としても名詞としても使用されます。

劇中では動詞として多用されています。

 

believe=信じる、思う

例)I believe you. (私はあなたを信じます)

trustとbelieveの違いは、一般的にtrustはその人自身を信じるのに対して、believeはその人の言ったことを信じるときに使います。

trustの方がより信頼を表すときに使われます。

 

come together=団結する、集まる、協力する、同じ方向に進む

例)You and I can not come together. (あなたと私は相いれることはできない)

色々な場面で使うことのできる動詞comeを使っているため、ひとつの熟語で様々な意味を持つことができます。

この熟語の基本イメージは「一緒に同じ方向に向かってやってくる」です。

そこから派生して、団結する、協力するなどの意味が生まれてきます。

 

make it together=一緒にやる、協力する

例)We will make it together. (私たちが協力すれば実現できます。 または 一緒につくりましょう)

文字通りの意味は「一緒にそれを作る」です。

それを基本イメージとして一緒にやっていこう、協力しよう、という場面でも使われます。

 

credit=信頼、信用、信用取引、評判

例)You have good credit in this town. (あなたはこの町でよく信頼されています。)

クレジットカードのクレジットと同じで、信用取引やツケで払う、後払いという意味でも使われますが、信頼と言う意味でも使われることがあります。

 

fellowship=仲間同士、友情、共同体、仲間意識

例)I enjoy good fellowship with my neighbors. (私は近所の方たちと親交を続けている。)

ほぼ同じ意味の言葉にfriendshipがあります。

fellowは仲間、同士、同輩という意味があり、fellowshipの方が友人関係というより、より社会的、組織的な繋がりを表します。

 

discord=不一致、不和、仲たがい、内輪もめ、不協和音、心のぶつかり合い

例)There are some discord between them. (彼らの間にはいくつかわだかまりがある。)

音楽で不協和音を表すこともあります。

 

betray=裏切る、だます、そむく、売る、渡す、密告する、示す、表わす

例)He doesn't betray people. (彼は人を裏切らない。)

betrayは動詞として使われます。

名詞としては「betrayal=裏切り」として使われます。

 

視聴方法

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)は2021年3月5日(金)に映画館とディズニープラス プレミア アクセスで同時公開されました。

 

ディズニープラス プレミア アクセスとは、ディズニープラス会員の方が2,980円(税込3,278円)でプレミア アクセス料金を追加でお支払いいただくことで『ラーヤと龍の王国』を観ることができます。

映画館で観るより高いように思いますが、一度ご購入すればディズニープラス会員期間中でれば何度でもご視聴できる点がポイントです。

 

「Disney+ (ディズニープラス) 」は、ディズニーだけでなくピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックの映画、動画も見ることができます。

初回31日間無料、有料でも月々は770円(税込)で視聴可能です。

他の動画配信サービスと比べ価格も魅力的です。

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト。
月額770円(税込)でディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックなどが見放題。
初回31日間無料 。

 

いつから追加料金なし?(予想)

こちらの記事では「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)がいつから「Disney+ (ディズニープラス) 」で追加料金なしで視聴できるかを予想しています。

また「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)の英語学習への活用方法もご紹介しています。

www.jukupapa.com

 

ディズニープラスでの音声、字幕設定は?

「Disney+ (ディズニープラス) 」では「アナと雪の女王」「スター・ウォーズ」などのアニメ、実写の映画作品のついては、英語・日本語音声、英語・日本語字幕設定が可能です。

movie

 

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)も英語・日本語音声、英語・日本語字幕設定が可能だです。

 

「Disney+ (ディズニープラス) 」の音声、字幕設定についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

www.jukupapa.com

 

最後に

「ラーヤと龍の王国」(Raya and the Last Dragon)はこれまでのディズニープリンセスとは違った魅力のあるヒロインです。

「ラーヤと龍の王国」を観て、この作品が好きになったらぜひ英語学習にも活用してみましょう。

好きなものだと自然と繰り返し観たり、本を読んだり、曲を聞いたりすることができます

 

そしてディズニー作品は英語学習に活用しやすいです。

ディズニーにハマり、ディズニーを英語で観れば、英語力は飛躍的に伸びる可能性があります。

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト。
月額770円(税込)でディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックなどが見放題。
初回31日間無料 。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

www.jukupapa.com

www.jukupapa.com

www.jukupapa.com