塾の先生が英語で子育て!

塾を9教室経営しながら娘(2015年生)のため2018年から英語育児に奮闘中! 娘と一緒に英語の学び直し中!成績が上がる勉強方法もご紹介~毎日19:00に新しい記事を配信 & 毎日正午12:00に「#ディズニーで英語学習」をツイート~

英語絵本の読み聞かせのコツ

f:id:jukupapa:20191012161255j:plain

 

ご家庭で子どもと英語に取り組むときに、英語絵本を活用すると効果的です。

子どもの好きなキャラクターなら、なおさら効果は高くなります。

 

どんな絵本を読んだらいいの?

私の発音でも大丈夫?

絵本をたくさん購入するのは大変。

などなど。

 

また、先日アナママさんからコメントを頂きました。

子どもが食いつく英語絵本シリーズ「Step into reading」 - 塾の先生が英語で子育て!

丁寧に説明してくださるので本当に毎度参考になります。また我が家もSTEP1から増やしていきますね。そこで質問なのですが、塾パパさんは読み聞かせ時、日本語訳も音読されますか?機会がありましたら記事待ってます(笑

2019/12/10 10:00


丁寧に説明してくださるので本当に毎度参考になります。また我が家もSTEP1から増やしていきますね。そこで質問なのですが、塾パパさんは読み聞かせ時、日本語訳も音読されますか?機会がありましたら記事待ってます(笑 - anayaboのコメント / はてなブックマーク

 

アナママさんありがとうございます。

 

アナママさんのご質問の内容も交えながら、英語育児に英語絵本を取り組むための、おすすめの方法をご紹介します。

 

この記事を読んで頂ければ、英語絵本の取り組んでみようかなと思っていただけるかもしれません。

 

 

おすすめの英語絵本シリーズ

「Oxford reading tree」

おすすめの英語絵本シリーズは「Oxford Reading Tree」です。

 

「Oxford Reading Tree」は英語ネイティブの子ども用に作られた「Leveled readers」という小さな子供でも読みやすいようにレベル分けされたシリーズ本です。

 

「Leveled readers」はいろいろな種類があり、レベル分けがされているので、本人の興味と英語レベルにあったものが探しやすいです。

 

そのひとつのシリーズとして「Oxford Reading Tree」があります。

 

「Oxford Reading Tree」一番の良さは、絵本の絵を見ればこの単語、文章はこういうことを書いているんだと容易に推測できるように作られています。

この推測のしやすさがほかの本に比べて優れています。

そのため、読み聞かせや、辞書を使わずに読むのに適しています。

 

また、英語のレベルも細かく分けられているため、どんどん読み進めていっても、急にレベルが上がることがないので使いやすいです。

 

「Oxford Reading Tree」については、こちらの記事で詳しく説明しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

「Step into reading」

「Leveled readers」でもうひとつおすすめのシリーズが「Step into reading」です。

 

「Step into reading」シリーズはディズニーを始め、日本人に馴染みのあるアニメが多く、英語絵本によくある独特の絵のタッチもないのでとっつきやすいです。

ほとんどの女の子に鉄板のディズニープリンセス英語絵本や、乗り物好きな男の子には、もってこいのカーズやトーマスなどが豊富にそろっています。

 

他の英語絵本に比べ、子どもが好きなキャラクターの英語絵本が多いため、子どもの食いつきがいいです。

しかもシールがついている本もあり、小さい子どもだと大変喜びます。

 

内容も易しいものが多く、英語絵本を読み始めるにはちょうど良いシリーズです。

 

「Step into reading」については、こちらの記事で詳しく説明しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

読み聞かせのコツ

bestを求めない、betterで十分

英語絵本の読み聞かせで一番大切なことは、継続することです。

 

ご家庭で英語絵本の読み聞かせをしようと考えられる方は、まじめな方が多いように思います。

 

そのため、最善の方法で、最良の内容を子どもに提供したいと思うはずです。

しかし、時としてそれが英語絵本を取り組む時の障害になることもあります。

 

Bestを求めない、Betterで十分と考えることが大切です。

 

発音も気にしなくていい

英語の読み聞かせをするときに、自分の発音を気にする方も多いと思います。

 

私もそうですが、「自分の日本語訛りの英語で、子どもに悪影響を与えてしまうのではないか。」と思ってしまいます。

そのため、英語絵本の読み聞かせは難しいと断念していませんか。

 

もちろん、きれいな発音に越したことはないです。

でも、英語絵本の読み聞かせをやらないより、やった方が効果はあります。

やっていくうちに親の発音もだんだん良くなっていきます。

私も初めはたどたどしかった読み聞かせが、だんだんとスラスラ読めるようになってきました。

 

私だけかもしれませんが、日本語絵本の読み聞かせをしているときも、流ちょうにすべてを読めているわけではありません。

どもったり、読み間違えたり、イントネーションがおかしくなったりもしています。

 

英語絵本の場合も同じです。

完璧に流ちょうに読めなくても大丈夫です。

 

また、子どもは語学習得の天才です。

私の日本語訛りの英語で読み聞かせても、英語のテレビやCDなどのネイティブの発音を聞いて、私以上の発音を身につけていきます。

 

私個人の意見でもありますが、もし万が一にも、自分の訛りが移ったとしても問題ないと思います。

 

英語を日常的に使っている人口は、約15億人と言われています。

そのうち英語ネイティブの割合は約25%で、わたしたちに日本人のように第二言語として英語を使っている割合は約75%です。

 

業種や、働く地域にもよりますが、ビジネスで英語を使う多くの場面でも、非ネイティブの方がほとんどです。

 

また、アメリカで放送されているアニメCurious Georgeおさるのジョージ)」の登場人物は多種多様で、様々な国、様々な年代の方が出てきます。

訛りのある英語を話している登場人物も多いです。

イタリア人シェフのピスゲッティや、メキシコ系の友達マルコ、ジョージのマンション近くのお店のアジア系家族など、日本人も何人か登場しています。

 

発音がきれいな方がいいですが、日本人が考えるほど、ネイティブのように発音がきれいである必要はないと思います。

 

日本語で解説してもいい

子どもには、英語を英語のまま理解してほしい。

だから、英語絵本を読み聞かせをするときは、日本語を使ってはいけない。

 

確かにその通りです。

 

しかし、日本で生まれ、両親が日本人である以上、英語が日本語より得意になることは極めて稀です。

 日本語が母国語なので、子どもも分からなければ「日本語でどういうこと?」と聞いてくるのは当たり前です。

そこで、英語で答え続ければ、子どもは英語絵本の読み聞かせを嫌がりませんか。

そうなるのであれば、日本語で答えたほうが何倍もいいことです。

 

また、英語絵本の読み聞かせを続けていけば、だんだんと「日本語でどういうこと?」と聞いてくることは少なくなってきます。

 

強いて言えば、「book」=「本」のように英語と日本語を一対一で対比させて説明するよりは、その絵本の状況を日本語で解説する方法をおすすめします。

 

具体的には、英文の一部の単語の意味を「book」=「本」と教えるのではなく、その絵本の状況を「おさるさんが本をよんでいるね」「おさるさんは本がすきなんだね」と説明することで、英語を単語ではなく、文を全体として理解していく助けになっていきます。

 

親子で楽しむことが大切

継続するためにも、親子で英語絵本の読み聞かせを楽しむことが大切です。

親の興味があるもの、好きなものを、子どもは興味をもち、好きになりやすいです。

 

親が本をよく読んでいる姿を見せれば、子どもは本をよく読むようになります。

親がスマホをよく見ている姿を見せれば、子どもはスマホをよく見るようになります。

 

まずは親が英語絵本の読み聞かせを楽しみ、その姿を見せることで、子どもも英語絵本を楽しむようになります。

 

一緒に読み、一緒に笑い、一緒に楽しんで取り組めば、必ず英語絵本の読み聞かせの効果は出てきます。

 

英語絵本の購入方法について

我が家では英語絵本の購入は基本的にはAmazonで購入しています。

 

書店で買うよりも安いことが多く、種類も豊富なのでおすすめです。

ただ、英語絵本や洋書は値段が結構変わるのでご注意ください。

 

アメリカやイギリスのAmazonで購入した方が安い場合もあります。

実際に購入したものや購入方法についてこちらの記事でご紹介しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

自分が読むのをためらう場合

やっぱり自分が英語絵本を読むのは難しいと、思われる方もいらっしゃると思います。

その場合は、電子書籍読み放題サービスを活用することをおすすめします。

 

多数の絵本が読め、しかも音声も読み上げてくれるサービスがほとんどです。

月額で読み放題なので費用も抑えられます。

 

我が家では、紙の絵本と、電子書籍読み放題サービスの両方を活用しています。

 

おすすめの電子書籍読み放題サービスは、おすすめ英語絵本でご紹介した「Oxford Reading Tree」300冊を含む、約900冊の電子書籍が読み放題のサービス「Oxford Reading Club」です。

 

「Oxford Reading Tree」があるだけでも素晴らしいサービスです。

単語クイズなどのアクティビティもあり、楽しみながら英語絵本を読むことができます。

 

 「Oxford Reading Club」については、こちらの記事で詳しくご説明しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

娘との取り組み

我が家では英語育児として3つの取り組みをしています。

 

①英語での語りかけ

②英語絵本の読み聞かせ

③英語のテレビ番組を活用

 

2018年から3歳の娘に英語育児を始めて、1年間で約200種類の英語絵本を娘と読みました。

 

初めは英語絵本を読んでも、すぐに席を立ち全く聞いてくれませんでしたが、今では毎朝、英語絵本を読むようになりました。

 

 

娘との英語絵本の取り組みについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

最後に

英語は親子で楽しみながら学習ができます。

 

英語絵本の読み聞かせは、子どもの英語力UPにとても効果的なだけでなく、読む大人も英語力もUPします。

 

そして、英語絵本は大人にもおすすめです。

簡単な英語から始められるので、徐々に絵本のレベルを上げていけば、洋書のペーパーバックも読めるようになっていきます。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆さまのご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com