塾の先生が英語で子育て

塾を9教室経営しながら娘(2015年生)のため2018年から英語育児に奮闘中! 娘と一緒に英語の学び直し中!成績が上がる勉強方法もご紹介~毎日19:00に新しい記事を配信中 ~

でディズニーで英語学習
PeppaPigで英語学習
NHKラジオ講座で英語学習
Oxford Reading Club
で英語多読

【英語多観】レベル別おすすめ動画~(上級者向け)レベル4(★★★★☆)編~

English learning

【英語多観】レベル別おすすめ動画~(上級者向け)レベル4(★★★★☆)編~

英語を話せるようになりたい!

海外ドラマ、映画、アニメを英語で見られるようになりたい!

英語を使った仕事をしてみたい!

などなど。

憧れますよね。

 

でもなにからすればいいの?

もう一度英語の勉強をするのは大変。

 

そんな方におすすめの方法のひとつは英語の多観です。

多観とは文字通り英語の動画・映像をたくさん観ることです。

 

これまでこのブログでは約200種類以上の洋楽、アニメ、ニュースを和訳、映画やアニメで使われる英単語を分析してきました。


この記事では、上記の取り組みに加え、実際に様々な動画を英語で観た経験、塾講師として英語を指導している経験をもとにレベル別におすすめ動画をご紹介します。

この記事を読んで頂ければ、自分にぴったりな動画が見つかり「映画を英語で観られるようになれるんだ!」と思ってもらえるかもしれません。

 

 

レベル4(★★★★☆)について

レベルは5段階で評価しています。

レベル4(★★★★☆)は中学校で学習する単語の割合が75%前後であることを目安としています。

目安としては英検1級レベルです。

 

レベル3(★★★☆☆)でご紹介した「Elena of Avalor」「Tangled: The Series」「Big Hero 6: The Series」の初見のストーリーが9割程度理解できるようになった方におすすめのレベルです。

 

レベル1(★☆☆☆☆)については、こちらの記事をご覧ください。

www.jukupapa.com

 

レベル2(★★☆☆☆)については、こちらの記事をご覧ください。

www.jukupapa.com

 

レベル3(★★★☆☆)については、こちらの記事をご覧ください。

www.jukupapa.com

 

おすすめ動画ご紹介

レベル4(★★★★☆)のおすすめ動画をご紹介します。

レベル4(★★★★☆)の中でも英語簡単な順番にご紹介していきます。

 

ディズニーアニメ映画

これまで中学校で習わない英単語を分析したディズーアニメ映画をご紹介します。

 

アニメ「アラジン」の場合、約27%

アニメ「美女と野獣」の場合、約27%

「リトルマーメイド」の場合、約23%

 

「モアナと伝説の海」の場合、約20%

「塔の上のラプンツェル」の場合、約19%

「アナと雪の女王」の場合、約16%

 

比較的新しいディズニーアニメ映画の方が英語が簡単なものが多いように思います。

特にキャラクター3Dアニメになった「塔の上のラプンツェル」以降の作品は比較的簡単です。

そのためレベル4(★★★★☆)の動画としておすすめは「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「モアナと伝説の海」以外のディズニーアニメ映画にチャレンジしてみましょう。

ディズニー映画はDisney+ (ディズニープラス)で視聴可能です。

Disney+ (ディズニープラス)


Disney+ (ディズニープラス)公式サイト。
月額700円(税抜)でディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックなどが見放題。
初回31日間無料 。

 

ピクサーアニメ映画

「トイ・ストーリー」などのピクサー作品もおすすめです。

作品にもよりますがピクサー作品はディズニー作品に比べ、設定が細かく、ストーリーが複雑なことが多いため、英語の難易度はディズニー作品よりも高いです。

そのためピクサー作品はディズニー作品に慣れてきたころに観るのにおすすめです。

 

ピクサー映画はDisney+ (ディズニープラス)で視聴可能です。

Disney+ (ディズニープラス)


Disney+ (ディズニープラス)公式サイト。
月額700円(税抜)でディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックなどが見放題。
初回31日間無料 。

 

一般映画

これまで中学校で習わない英単語を分析したアニメ以外の映画をご紹介します。

 

「アベンジャーズ」の場合、約24%です。

「マレフィセント」の場合、約22%です。

「マレフィセント2」の場合、約22%です。

「ジョーカー」の場合、約21%です。

 

一般映画は作品によってまちまちです。

アニメとの大きな違いは、もごもごと話す場合など発音がしっかりされなかったり、カジュアルな表現が多く理解しにくい場合があることです。

ただ英単語の割合を見て頂いたように、英語レベル自体はアニメより劇的に難しくなることはありません。

このレベルまで来ると英語レベルは作品による部分が大きいです。

一般論ではありますが、比較的新しい映画の方が理解しやすいように思います。

 

またアベンジャーズなどマーベル作品はシリーズ作品が多いので、英語学習におすすめです。

同じシリーズだと共通したセリフや言葉が使われるので、共通点が多く、観ていく度に新しい映画であっても理解できる内容が多くなってくるはずです。

 

こちらでとりあげた「ジョーカー」以外の作品は、Disney+ (ディズニープラス)で視聴可能です。

Disney+ (ディズニープラス)


Disney+ (ディズニープラス)公式サイト。
月額700円(税抜)でディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、 ナショナル ジオグラフィックなどが見放題。
初回31日間無料 。

 

映画とドラマの違いについて

映画とドラマを比較すると、ドラマの方が設定がより細かくなり、込み入ったシーンが多くなります。

セリフのみでストーリーが進行することも多いです。

ドラマにもよりますが、会話表現もスラングが多く、簡単な単語でも本来の意味と全く違う意味で使われていることも多々あります。

 

特にローカルなドラマだとそれが顕著になるように思います。

例えばアメリカのドラマだとアメリカで人気のテレビ番組などが、ネタにさることもあり、アメリカの文化についての理解など背景知識も必要になってきます。

 

しかし映画は、全世界の様々な地域の、様々な年代の方をターゲットにしているため、予備知識も少なくていいように表現も一般的な言葉が選ばれているように感じます。

そのため一般的にはドラマより映画の方が英語で理解しやすいと思います。

 

レベル5(★★★★★)の動画を観る目安

レベル4(★★★★☆)の動画は結構分かるようになってきたと思ったときに、レベル5(★★★★★)の動画にチャレンジできる目安はマーベル作品の初見のストーリーが9割程度理解できるようになることです。

 

マーベル作品は込み合った話をするシーンが多く、カジュアルな表現も多いです。

アイアンマン(トニー・スターク)などのキャラクターはかなり早口で、畳みかけるように話します。

それが十分理解できるようになっていればレベル5(★★★★★)の動画もおおよそ理解できるはずです。

 

マーベル作品の初見の映画が9割程度理解できるなれば、もう上級者と言ってもいいレベルです。

「英語で映画を観るのが趣味です。」と胸を張って言ってよいのではないでしょうか。

 

レベル5(★★★★★)の動画についての記事は11月23日(月)19:00に配信予定です。

 

英語の勉強をしたくなったら

動画を観てもっと英語の勉強をしたい。

文法を理解したらもっと分かるようになるかも。

単語が難しい。

と思ったら英語の問題集・参考書にもチャレンジしてみましょう。

 

英語の問題集・参考書はいわば「英語の攻略本」です。

英語はたくさん動画をみたり、聞いたり、読んだりすることで伸びていきます。

ただそれには時間がかかります。

効率よく学びたい、身に付けたいと思ったときが「英語の攻略本」(英語の問題集・参考書)の出番です。

 

「英語の攻略本」(英語の問題集・参考書)を使って学習することは、一般的に明示的学習と呼ばれます。

反対に英語多観のように学習することは、暗示的学習と呼ばれます。

暗示的学習では経験的に文法や単語を理解していきますが、明示的学習は文法ルールや単語の意味、語源を体系的に理解していくことができるため、効率よく学べます。

ただその反面、学校での勉強のような学習の側面が強くなるため、興味がない場合に記憶の定着が著しく低下します。

 

そのため動画を観て、もっと理解できるようになりたいと思ったときが「英語の攻略本」(英語の問題集・参考書)にチャレンジする絶好のチャンスです。

 

もっと英語学習のモチベーションを高めたいと思ったときは、こちらの記事でご紹介している本がおすすめです。

www.jukupapa.com

 

実際に「英語の攻略本」(英語の問題集・参考書)を使って学習したいと思ったときに、レベル4(★★★★☆)を学習する場合は英検1級の問題がおすすめです。

英検にチャレンジしていくのも継続的に学習するきっかけになります。

1級は大学上級レベルです。

また試験を設定することで、学習の目安にもなります。

www.jukupapa.com

 

NHKラジオもおすすめです。

NHKラジオは4月にスタートし、1年間を通して学習できるようになっています。

途中からはじめても学びやすいようになっており、毎週の放送に合わせていけば定期的に学習していくことができます。

www.jukupapa.com

 

レベル4(★★★★☆)を学習する場合はNHKラジオの中でも実践ビジネス英語が特におすすめです。

www.jukupapa.com

 

英語多読も英語力をUPさせるのにおすすめの方法です。

レベル4(★★★★☆)におすすめは「英語のゲーム」です。

こちらの記事ではファイナルファンタジーを例に紹介しています。

www.jukupapa.com

 

またNintendo Switchやplaystationの本体の言語設定を英語にすれば、英語でゲームをすることができます。

ゲームのジャンルにもよりますが、最近のゲームは文章が多く、またキャラクターが話すことも多いので多読と同時にリスニングの練習もできます。

 

Nintendo Switchのゲームは比較的英語もとっつきやすいです。

playstationのゲームは種類によってはかなり高度な英語力が求められます。

ただゲームが好きであれば自然とたくさんプレイすることができるので、英語でゲームを楽しめるようになると英語力が爆発的に伸びる可能性があります。

 

最後に 

英語は楽しみながら学習することができます。

 

ここで紹介している動画に合わせて少しずつ英語レベルを上げていけば、映画も英語で十分楽しめるようになります。

そして、英語へのモチベーションが上がってきたら「英語の攻略本」(英語の問題集・参考書)を使っていくとより、英語の習得が早くなります。

 

英語を習得するためにもっとも大きな原動力は、英語で何かにハマることです。

好きなことを英語で取り組めば、1年でも、もっと短い数か月でも劇的に英語力が変わります。

動画を英語で見るなど、自分が楽しめる勉強方法が見つかると、飛躍的に英語力を伸ばすことができます。

ぜひとも英語でなにかにハマってください。

1年後には驚くべき英語力が身に付いているはずです。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆様のご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

www.jukupapa.com

www.jukupapa.com

www.jukupapa.com