塾の先生が英語で子育て

塾を9教室経営しながら娘(2015年生)のため2018年から英語育児に奮闘中! 娘と一緒に英語の学び直し中!成績が上がる勉強方法もご紹介~毎日19:00に新しい記事を配信中 ~

でディズニーで英語学習
PeppaPigで英語学習
NHKラジオ講座で英語学習
Oxford Reading Club
で英語多読

日本で英語の必要性を高めるためには?親子で英語を学ぶから続けられる!

 

f:id:jukupapa:20200210120932j:plain

英語の重要性は分かっている。

 

でもなかなか英語に取り組めない。

ついつい三日坊主になってしまう。

などなど。

 

英語学習の最大の課題は、継続することです。

特に日本国内にいれば、英語ができなくても困ることは皆無に近いです。

海外旅行でさえ、困ることが少なくなってきました。

 

英語だけではありませんが、必要性(緊急性)が低ければ実行・継続することは大好きなことでない限りとても難しいことです。

 

この記事では、親が英語学習を継続するための方法として、日本国内で、英語の必要性を高める方法をご紹介します。

 

この記事を読んでいただければ、英語を継続しやすくなるかもしれません。

 

 

 英語の必要性を高める方法

留学生と友達になる。

ホームスティのホストをする。

 などなど。

 

強制的に英語を使う環境ができれば、英語の必要性が生まれ、英語学習の継続はとてもしやすくなります。

しかし、どれもハードルが高く、簡単にできることではありません。

そこでおすすめの方法は親子で英語に取り組むことです。

 

親子で英語を勉強する

子どもが乳幼児や小学生低学年であれば、一緒に英語のアニメを観る。

英語の絵本を読んでみる。

 

子どもが小学生や中学生であれば、同じ問題集を2冊買って一緒にやってみる。

同じ級の英検に挑戦してみる。

 

高校生以上であれば、同じ洋書や英語の漫画を読んでみる。

海外ドラマ、映画を英語で聞いてみる。

 

小学校高学年以上であれば、子ども自身は学校で英語のテストがあるので、英語の必要性は強制的に高まっています。

それに合わせて親も一緒に取り組んでみることです。

親子でやることで、自然と親の必要性を高めることができます。

 

子どもと同じことをする

取り組む英語の内容は、子どもと全く同じ内容にすることがおすすめです。

子どもの年齢によると思いますが、中学生以下であれば、内容は大人にとって簡単なものであることが多いです。

それであれば、それほど大変な思いをしなくても続けることができると思います。

しかも、子どもと同じものであれば、子どもの手前サボるわけにも、間違えるわけにもいかなくなってきます。

 

そのため、必ず子どもの前で「これから英語を一緒に勉強するね!」と宣言することも大切です。

親が宣言したことを撤回することは、避けたいものです。

子どもに宣言したことでも、やらなくていいということを教えてしまいます。

宣言をすることで自分に心理的プレッシャーをかければ、継続できる可能性は高くなるはずです。

 

簡単すぎるのでは?

「そんな子どもと同じことをやっても意味があるの?」と思われるかもしれません。

英語は簡単なものを多量に聞く、読む、書く、話すことで伸びていきます。

 

実際、9つの海外映画で使用される英単語を分析してみた結果、中学校で習う英単語の割合は65~84%でした。

中学英語を、手足のように完璧に使いこなすことができれば、英語の上達は早くなります。

 

映画で使用された英単語の分析結果については、こちらの記事で詳しく説明しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

他にもメリットがたくさん

勉強をしている姿を見せる

親子で英語に取り組むことは他にもたくさんメリットがあります。

そのうちのひとつが、子どもに親が勉強する姿を見せられるということです。

勉強は終わりがありません。

大人になっても継続的に学んでいくものだと思います。

 

親が「勉強しなさい。」と言うよりも、親が勉強をしている姿を見せる方が何倍も子どもの勉強に影響力を与えることができます。

 

子どもは親の行動をよく見ています。

親がスマホに興味があれば、子どももスマホに興味を持ちやすくなります。

親が英語に興味があれば、子どもも英語に興味を持ちやすくなります。

これは子どもの年齢が低ければ低いほど影響力は大きくなります。

 

勉強の仕方を伝えやすくなる

親が同じ勉強をしていれば、子どもが何を勉強しているのかも把握でき、具体的な勉強のアドバイスをすることがしやすくなります。

 

特に親が勉強の取り組み方を、行動と言葉で示すことができれば、その影響力は絶大です。

そして、勉強を通して、親がこれまでの人生で学んできたことも伝えやすくなります。

社会生活で得た経験など、勉強に大いに役立つ経験もたくさんあると思います。

 

それを子どもに伝えていくことができれば、子どもは大きく成長する機会を得ることができると思います。

 

もちろん親の英語力もUP

子どもと同じように学習していけば、自然と親の英語力もかなり高まっていきます。

そして、英語を子どもに教える機会は、さらに自分の英語力を高めてくれます。

 

 英語育児での親の英語力がアップすることについては、こちらの記事で詳しく説明しています。

jukupapa.hatenablog.com

 

最後に

英語は楽しみながら学習することができます。

そして、英語は親子で楽しみながら学習することもできます。

 

今回ご紹介した方法以外にも、親子でポケモンを英語でするのもおすすめです。

NINTENDO SWITHや3DSであれば本体の言語設定を英語にすれば、英語でゲームができます。

親が積極的にゲームに関わることで、ゲームの止め時も分かり、ゲームとの付き合い方も伝えていくことができます。

 

皆様の参考になれば幸いです。

皆さまのご意見、ご感想、またはおすすめの方法、取り組んで良かったことなども教えて下さい。

お気軽にコメントして頂ければと思います。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com

jukupapa.hatenablog.com