塾の先生が英語で子育て

塾を9教室経営しながら娘(2015年生)のため2018年から英語育児に奮闘中! 娘と一緒に英語の学び直し中!成績が上がる勉強方法もご紹介~毎日19:00に新しい記事を配信中 ~

でディズニーで英語学習
PeppaPigで英語学習
NHKラジオ講座で英語学習
Oxford Reading Club
で英語多読

楽しむ子育て~我が家で家族みんなが怒らなくなった方法~

f:id:jukupapa:20191019085521j:plain

子育てをしていると、

どうしても怒ってしまうことってありませんか。

 

子どもにとっても、自分にとっても
いいことはないとわかっているのに
怒りたくないのに、つい感情に任せて怒ってしまう。

 

怒った後、子どもの元気のない姿を見ると、
罪悪感を覚えます。

 

怒らなければよかった。
でも、もう遅い。

 

そんなことの繰り返しです。

 

毎朝の支度で、
ゆっくりとごはんを食べる。
なかなか歯を磨かない。着替えない。
おもちゃが目に入ったら遊びだす。
などなど

 

怒りそうになるポイントは

日常にたくさんあります。

 

そんな状況を打破するために、

我が家では

怒りポイント制を

導入しました。

 

トップ写真のようにマグネットを利用して、
妻に作ってもらいました。

 

やり方は簡単です。

怒ったら赤いマグネットを

自分のところに張る。

それだけです。

 

この写真の場合ではトトロの上に赤いマグネットがあります。
これは、お父さんが1回怒ったという印です。

 

怒りポイントは一日ごとにリセットします。
怒りポイントが高い人は何かあるわけではありません。

 

こんなことでと思われるかもしれませんが、

我が家では家族全員が

劇的に怒る機会が減りました。

 

怒りポイント制を導入することで変わったことは、

 

怒りそうになったときに、
怒りポイントを思い出すので、
思いだしている間に

怒りが和らぐ。

 

怒ってしまったときには、
相手から「怒りポイントだよ」と言われてしまうので、

冷静になれる。

 

怒った後は怒りポイントの話題になるので、
場の空気も変わりやすく、

怒った後のイヤな

空気もなくなる。

 

「怒りポイントだよ」と言われるのが嫌なので、
怒らないようになる。

 

結果、家族全員が怒る機会が少なくなりました。

 

家族の中で怒ることをおもしろ、おかしく

話題にできるようになりました。

 

また、怒りはコントロールするものだと言うことを
娘にメッセージできる点もいいと思います。

 

親も完璧でいることは難しいです。

 

子どもと一緒に怒りをコントロールできる自分に

成長していければと思います。

 

3歳男の子と5歳女の子のお母様でおうち英語、知育にとりくまれていらっしゃる篠さん(@shinoiwa_chiiku)が、この記事を見てご家庭に取り入れてくださいました。

 

 篠さんありがとうございます。

 

こちらの記事も参考になるかもしれません。

合わせてご覧ください。

jukupapa.hatenablog.com